万華鏡画像1分間の悦楽万華鏡の世界タイトル >>TOP
万華鏡を覗く! 万華鏡って何? 万華鏡を作る! 万華鏡の情報! 万華鏡リンク その他もろもろ
万華鏡の歴史 目で見る万華鏡史 万華鏡の構造 万華鏡FAQ 万華鏡作家烈伝


 □世界で最初のテレイドスコープ  一つ上に
世界で最初のテレイドスコープの特許

掲示板にて問合せがあったことを機会に、テレイドスコープ(先端に球レンズがついており周りの景色が万華鏡として楽しめるもの)の発明について調べてみました。

上記の絵は1872年にアメリカで132978号として登録された特許でJames Poolという人の”Improvement in Telescopic Kaleidoscopes”という出願です。出願内容を要約するとアイテムの名前の通りで、万華鏡の改良であり、オブジェクト(具)の代わりに2つまたはそれ以上のレンズを使用して遠くの景色を万華鏡として楽しむものだそうです。万華鏡の発明が1816年ですからそれから56年でテレイドスコープが登場したということになります。

当時は、現在の主流である球レンズ(魚眼レンズ)ではなく、凸レンズを2枚以上使用した望遠鏡タイプのテレイドスコープだったこと(オタギリ万華鏡タイプですね)が意外です。

また、発明当時はテレイドスコープという呼び名がまだ出来上がっておらず、Telescopic Kaleidoscopesという長ったらしい呼び名だったのもおもしろいですね。

>>TOP

Copyright (C)Akinori Nakamura
当サイト内の文章、画像の無断使用は御遠慮ください。
お問い合わせはwebmaster@kaleido-japan.comへ。