万華鏡画像1分間の悦楽万華鏡の世界タイトル >>TOP
万華鏡を覗く! 万華鏡って何? 万華鏡を作る! 万華鏡の情報! 万華鏡リンク その他もろもろ
万華鏡の歴史 目で見る万華鏡史 万華鏡の構造 万華鏡FAQ 万華鏡作家烈伝


 □1930年代万華鏡1  一つ上に

この女の子の絵柄の万華鏡も”Made in Japan”の刻印から、輸出用に製造されたものだとわかります。事実この万華鏡は、アメリカからオークションで入手しました。
紙製の筒に描かれた絵柄から、非常に古そうなもので、まず間違いなく、大正末期から昭和の一桁代に作られたものだと思います。女の子の顔つきに時代を感じますよね。
筒の長さは、約22cm、直径はマテリアルケース部分で6cm程度と比較的大型です。
内部には、ガラス製の3ミラー、正三角形のミラー(といっても、ほとんど曇ってしまっていますが)と具にはセルロイドらしいカラフルな破片が入っています。

さて、この万華鏡には、”PAT123373”、”ZW”との印刷があります。

これから年代を特定するための情報を求めていたところ、仙台の阿留多伎さんから情報をいただきました。

「「PAT123373」について特許庁のホームページで調べてみました。
昭和3年3月22日に谷本早心氏により出願された実用新案で、実用明細番号が123373号、出願番号が昭和3年6293号、実用出願広告番号が第5813号となっているものが該当するもののようです。」

とのことです。
またこの実用新案情報を下記のように添付までいただきました。

実用新案文面
実用新案図面

阿留多伎さんありがとございました。この万華鏡が昭和3年以後(1928年以後)のものと判明したわけで、1930年代で間違いなかったとほっとしています。
1930年代万華鏡外観
1930年代万華鏡内部映像

>>TOP

Copyright (C)Akinori Nakamura
当サイト内の文章、画像の無断使用は御遠慮ください。
お問い合わせはwebmaster@kaleido-japan.comへ。