万華鏡画像1分間の悦楽万華鏡の世界タイトル >>TOP
万華鏡を覗く! 万華鏡って何? 万華鏡を作る! 万華鏡の情報! 万華鏡リンク その他もろもろ
万華鏡の歴史 目で見る万華鏡史 万華鏡の構造 万華鏡FAQ 万華鏡作家烈伝 100人に聞きました!

万華鏡の歴史

万華鏡映像1 万華鏡映像2


美しい語感から、万華鏡は日本に古くから伝わる伝統工芸と錯覚しがちですが、実は1816年にスコットランドのデイビッド ブリュースター(Sir David Brewster)という物理学者が”Kaleidoscope”という名前で特許を申請したのが起源。このブリュースターさんは、どうも灯台の光をより遠くまで届かせるために鏡の組み合わせを工夫している最中にこの万華鏡(kakeidoscope)を発明しちゃったようです。ちなみに、ブリュースターさんは、この他にも光に関する重要な法則などをいくつも発見しており、例えば「ブリュースターの法則」という名前が残っています。(ブリュースターの法則について詳しいことは自分で調べてみてね)

”Kaleidoscope”はギリシャ語を元にした造語で、”Kalos”=美しい、”Eidos”=形、模様、”Scope”=見るもの の3語を合わせたもので、ブユースターさんによる造語です。日本には、文政二年(1819年)には万華鏡を示す「紅毛渡り更紗眼鏡流行 大阪にて贋物多く製す」という記述が「摂陽奇観」に見られており、発明後わずか3年にして日本でも製作されはじめているのがわかります。その後1847年(弘化4)稿、1856年(安政3)刊の高野長英による兵法の翻訳書「三兵答古知幾」 (さんぺいたくちき=歩、騎、砲の兵のTactics/戦術の意)にも、「可列以度斯可布」 (カレイドスカフ)として登場しています。

明治時代に入ってからは、「百色眼鏡」 (ひゃくいろめがね)という名前で知られ、その後更に改良され「ばんかきょう」や「錦眼鏡」などと呼ばれ1891−92年頃(明治24−25年頃)に流行し、いつのまにか現在は観光地の土産物屋に郷土玩具として並ベられるまでになってしまっているのです。

さて、この万華鏡(kaleidoscope)ですが、1980年代の終わり頃にアメリカで、美しい万華鏡を見直そうという運動をCozy Bakerというおばあちゃんを中心に始められました。これがきっかけとなり、Kaleidoscope Renaissanceと言われるように、美しい万華鏡のブームが再び巻き起こり、現在アメリカでは150人以上の万華鏡作家が万華鏡の芸術品を作り続けています。 日本でも、この万華鏡の美しさに惚れ込み、万華鏡を作る芸術家が増え始めています。

さて、この万華鏡の日本における歴史を実物の万華鏡映像で確かめる「目で見る万華鏡の歴史」という企画もやってます。

>>TOP

Copyright (C)Akinori Nakamura
当サイト内の文章、画像の無断使用は御遠慮ください。
お問い合わせはwebmaster@kaleido-japan.comへ。